味岡生コンクリートグループ

事業所案内

味岡生コンクリートミキサー車

トップページ > ブログ > カテゴリ:工場リレーブログの記事

ブログ

今年最初のブログリレーは、宮崎味岡生コンクリート(株)第四工場串間が担当します。

DSC_0144.JPG

●門松作りも三年目になり、だいぶ要領を得てきました

 

串間市は、宮崎県の一番南に位置しているため、よく『陸の孤島』と揶揄されたりしますが、その分温暖な気候により自然豊かな観光スポットがたくさんあります。

串間市観光のシンボルといえばなんといっても天然記念物の野生馬を要する都井岬ですが、今回は同じ天然記念物のおサルさんが生息している幸島をご紹介したいと思います。

 

幸島は串間市の東部、日向灘に面した石波海岸の沖合150mほどにある周囲約4kmの無人島です。ここに生息するサルは、サツマイモを海水で洗って食べる習性を持つことで一躍有名になりました。

一時期、砂の堆積により本土と幸島が陸続きになったことがあったのですが、幸島のサルは幸島に居てこそ天然記念物であるため、島を脱走しようとするサルを追い返すための監視員を配置したことがあります。

また、普段は本土からサルを確認することは困難ですので、どうしてもサルを見たいという方は、渡し船がありますので、そちらで島に上陸してみるのも良いかと思います。

koujima.png

●ニホンザルを含めた幸島全体が『幸島サル生息地』として昭和9年1月22日に国の天然記念物に指定されました

koujimas.png

●こちらは夏の幸島

 

串間市には御崎神社や恋が浦、赤池渓谷にイルカランドと、まだまだご紹介したい観光スポットがあるのですが、それはまた2週目にご紹介させて頂きたいと思います。

串間を満喫するなら、是非とも夏!にお越しください。

takamatu2.png

●高松海水浴場のヨゴセ島

ブログ
2018.11.07

海老野

今回のブログリレーは宮崎味岡生コンクリート(株)第二工場えびのが担当します。

工場が位置するえびの市は、宮崎県西部の霧島連山の麓にあります。えびの市の名前の由来は、一帯のススキが火山ガスにより「海老色」に変色し、えび色の野となり「えびの」という地名になったと言われております。市内を流れる川内川の最上流にある狗留孫峡(クルソン峡)は紅葉の時季は絶景であり、澄みきった水面にはヤマメなどが映り、渓流釣りの名所として知られております。また、オフロードバイク愛好家のツーリングスポットとしても人気があります。臨済宗の栄西上人が建立した日本で二番目に古い端山寺の跡もありますので、興味のある方は足を運んでみてください。

海老色に染まったえびの高原から県道30号線を下って行く途中にある「白鳥温泉上湯」は、西郷隆盛が三か月間逗留した歴史ある温泉で、天然の蒸し風呂や加久藤盆地(加久藤カルデラ)を見下ろす露天風呂が特に人気です。えびの市にお越しの際は西郷さんと同じく温泉で悠々自適されるのも一興かと

IMG_2283.JPGIMG_2311.JPGIMG_2315.JPG

 

ブログ

 当工場は、宮崎県の北部に位置する諸塚村にあります。

 来られた方は、分かると思いますが、周りを森林に囲まれた大変のどかな村です。

 工場は、耳川の横に位置し、国道327号を挟んでプラントと事務所が分かれている工場です。

 そして、この工場には、全国的にも珍しい 『ラジアルスクレーパ』なるものが、存在します。

 もともと、簡易プラントとして作られ、敷地もなかったためにこの様な形になったそうです。

ラジアルスクレーパー.JPG

 *この設備『ラジアルスクレーパ』で、骨材を計量ビンの上に引き上げます。

 ちなみに、ベルトコンベヤーはありません! 歴史的価値?がある、当工場。

 近隣に来られた時は、ぜひ気軽にお立ち寄りください!!

 

 第1回 椎葉生コンクリート(株)宮崎味岡生コンクリート(株)第一工場諸塚 合同安全大会開催

 8月18日(土)日向市にて、2社合同で初めての安全大会が開催されました。

 今日に至るまで、20数年来の長い付き合いの2社ですが、今回初めての安全大会の

 開催となりました。

 当日は、各工場の運転手、製造係、事務、試験室、工場長をはじめ村中社長・上内社長も

 出席していただき総勢20名程の大変有意義な安全大会になりました。

コピー IMG_0273 ブログリレー用.JPG

ブログ
2018.07.10

涼を求めて

今月は、味岡ガイナン生コンクリート(株)第一工場竹田が担当します。

まずは簡単に竹田市を紹介します。大分県の南西部に位置しくじゅう連山、阿蘇外輪山、祖母山麓に囲まれた地にある竹田市。大野川の源流を有しており、一日に数万トンの湧水量ともいわれる湧水群を誇る水と緑があふれる自然豊かな地域です。市内には全部で50ヶ所を超える湧出地があり、水質や水量が評価され、竹田湧水群の水は環境省が選定する名水百選にも選ばれました。連日、県内外から多くの方々が水汲みに訪れています。これからの時期、涼を求めて湧水めぐりはいかがですか?

そんな竹田市ですが、現在大分市と熊本市に至る地域高規格道路(中九州横断道路)の竹田ICまでが工事中であり今年度完成予定です。当工場の近辺を通るルートで現在、生コンを納入中でもあり、日々忙しく稼働しています。全線完成すると大分・熊本間が約83分短縮されるそうです。

是非【おんせん県 おおいた】に遊びに来て、竹田市にも足を運んで見て下さい。

011.JPG

 

017.JPG

 

010.JPG

ブログ

市の木クスノキ。市の花夾竹桃である鹿児島市は薩摩地方のほぼ中央付近錦江湾寄りで人口597、375人(H.29年度)1800人ほどが外国の方だそうです。大河ドラマ【せごどん】の西郷隆盛翁も近隣を訪れ手作りされたと言われる手水鉢や狩猟の合間に座られた座石が存在します。又、島津義弘公により連行された韓国の陶工の方々が作り上げた(白薩摩、黒薩摩)等特に沈壽官窯は全国的にも有名で献上品で献上品としてもよく知られております。ここ旧松元町はお茶の栽培が盛んで今の季節は新緑が鮮やかで気分もスッキリさせられます。....時の流れで基幹産業も変わりつつありますが、近年鹿児島生コン組合支部内でも再開発(天文館地区、中央駅地区、等〃)が行われつつあり最近では錦江湾に大型クルーズ船が入港しており22万屯級が接岸出来るよう改修されるそうです。2020年の鹿児島国体に向けて各施設や道路の整備がなされるであろう霧島、桜島、指宿.......等食べ物も美味しいものが沢山あるようですので         『ぜひおさいじゃったもんせ』      

 

ブログ

 宮崎県日向灘の中央に面した位置にある新富町です。航空自衛隊新田原基地を有する人口16,000の町です。

 宮崎県といえばプロ野球春期キャンプが知られるのですが、新富町から約30分南に行くと読売巨人・ソフトバンクのキャンプ地があり、2月~3月にかけて県内外から多くの野球ファンが来て賑わいます。特に人気があるのが、「生目の森運動公園」のソフトバンクのキャンプです。宮崎県産の食べ物が沢山出店しますよ。

 毎年12月第1日曜日には、町内の航空自衛隊新田原基地で航空フェスタがあり、ブルーインパルス・T-4・F15・F16戦闘機の飛行や落下傘部隊の空挺投下等があり、その日には他県からの戦闘機ファンの方々が来て、新富町の人口がおよそ倍近くになります。その他には、地鶏やうなぎ・そばなどのおいしい食べ物もあり、温泉もあります。

 昨年9月にプラント本体の工事を行い、新しいプラントになりましたヽ(*゚▽゚)ノ:*【祝】*:ヾ(゚▽゚*)ノ

新しいプラントになり設備もより良くなってたので、今まで以上の高品質の生コンクリートを出荷出来るように従業員全員で日々努力していきたいです。

 佐土原町から新富町にかけて架かっている日向大橋から西方向にプラントが良く見えますので、こちらにお越しの際は、眺めてみてくださいね!(この日向大橋の生コンクリートも我が社の生コンクリートが使用されました。)

プラント写真(橋).JPG

ブログ

ブログリレー、今回は『熊本味岡生コンクリート㈱』が担当します。

 

熊本市は人口74万人の九州の中央に位置する緑豊かな都市です。

地下水が豊富で水道水源のほぼ100%を賄っている地域は全国的に見ても例がありません。

東に阿蘇山・西に天草と自然に恵まれた観光地があり、市内中心地には天下の名城熊本城がその威容を誇っています。

一昨年の熊本地震により石垣や天守閣に大きな被害を受けましたが、現在、復旧工事が行われており2021年度までには天守閣の公開を目指しています。

 

最近、戸島工場の周辺地域の畑や空地だった所が住宅地に開発されていて賑わっています。

食事処としてはあまり公開したくないのですが・・・馬のホルモン煮込みが絶品の《○○美食堂》があります。(あくまでも個人の感想です。)

大分の○田工場長は、来熊される度に仕事は後回しで直行されていらっしゃるそうです。

加えて、顎が落ちそうな《唐揚げ屋さん》も近所に出店してきました。

工場へお越しの際は是非ともご賞味下さい。

 

熊本市街地の再開発、災害復旧関連工事etc・・・連日出荷に忙しい悲鳴を上げていますが、その先を見つめて着実な進歩を重ねて参ります