味岡生コンクリートグループ

味岡生コンクリートの仕事人

味岡生コンクリートミキサー車

トップページ > 味岡生コンクリートの仕事人

味岡生コンクリートの仕事人 鹿児島味岡生コンクリート 佐野仁紀

品質のバラツキを少なくできるよう取り組んでいます!

一日のスケジュール

徹底した品質管理で、施工性の良い生コンを

 生コンに関しては学生時代に少しかじっていた程度でしたが、「どんな仕事なんだろう?」と疑問に感じ興味を持ったことがこの仕事に携わるきっかけでした。
 生コンには規格があり、規格内のものであれば合格ですが、それがそのまま施工性の良い生コンとはならないことも多い。そのために日々の原材料管理や品質管理を徹底し、品質のバラツキを少なく出来る様に意識して取り組んでいます。納入現場にて購入者より「わっぜ良か生コンじゃ」(鹿児島弁で『とても状態の良い生コンですね』)という声をもらった時はやはり嬉しいです。
 まだまだコンクリート技術者としては未熟ですが、より多くの経験を積み、幅広い知識を身に付け、購入者の様々なニーズに答えられる様、日々自己研鑽に努めていきたいです。

データとりまとめ

味岡生コンクリートの仕事人 宮崎味岡生コンクリート 武田裕徳

スケジュール

材料試験

現場試験

人にも仕事にも、誠意をもって。

 主な業務は生コンクリートの製造に使用する材料の試験と、納入現場でのフレッシュコンクリートの品質検査を行っています。 「人にも仕事にも誠意をもってあたること」を大切にしながら、仕事をしています。また、お客様には、自分たちを通して素晴らしい工場だと判断してもらえるよう、仕事へ取り組む姿勢や礼儀には気を付けています。
 入社のきっかけは、同じく生コン工場の技術者である父の勧めでした。物事を深く突き詰めたい性格の私に、「それならこの業種はどうか」と。初めは親子で同じ職種に就くことに抵抗がありましたが、仕事にやりがいを感じており、今では感謝しています。特に仕事でやりがいを感じたのは、自主管理の厳しい業者様へ生コンを納入後、次の現場もよろしくと言われたときでした。自分達の仕事が認められたようで嬉しかったです。
 今後、若者が地元に残りこの工場で働きたいと思えるよう、工場の良い伝統は残し、改善できることは改善していくことが目標です。次の世代にバトンタッチするまで、しっかりと品質管理、安全管理に努めていきたいです。

宮崎味岡生コンクリート株式会社 第三工場新富 勤務 高橋紀美

試験データー処理・配合計画書作成を行っています

一日のスケジュール

より良い生コンを提供するために、
知識と技術の向上を目指して

 私の主な仕事内容は、生コンクリートの品質管理及び原材料の検査と工場内の水質管理を行っています。
 入社のきっかけですが、元々父が生コンの仕事に携わっており、日頃から私に仕事についてよく語ってくれていました。仕事の事を楽しそうに語る父の姿を見るうちに「同じ道に進んでみたい」と思うようになり、この仕事を目指しました。
 力仕事も多いので、大変なときもありますが、現場の方から「味岡さんの生コンはいい生コンだね」という声を聞くと非常に嬉しく思います。
 仕事をする上では広い視野を持ち、先を読んで行動する事を心がけています。まだまだ半人前ですが、早く「一人前になったね」と言っていただけるように、今後も知識と技術の向上に励みたいと思います。

作業はミスのないよう念入りにチェックします

味岡生コンクリートの仕事人 味岡西諸地区建設事業協同組合 第一工場小林 中窪康人

スケジュール

仕事中の様子

現場試験

試験室としての向上心を忘れず、
信用と信頼を第1に考えた仕事を。

 主な仕事内容は、生コンクリートの品質管理や生コンクリートに使用される原材料の検査です。
 初めはアジテータ車の運転手として、右も左も全くわからないまま業界に入りました。運転手をしながら試験室内の手伝いをしているうちに、生コンクリートという物の奥深さに興味を持ったのが試験員になるきっかけでした。
 物を作るのは、やはり「人」だと思います。上司や同じ会社の人、この業界に携わっている人、みなさんとの信用と信頼を第1に考え、毎日の業務を行っています。
 今までの仕事で大変だと感じたのは、1日に5〜6現場のサンプリングを1人でやり遂げた時でした。しかし大変さと同時に達成感を感じ、自分自身にもすごく自信がつきました。
 私は試験室となりまだ2年目です。これから多くの苦労が待ち受けていると思いますが、今後も知識や経験を重ね、地域社会や味岡生コンクリートグループに貢献することを目標とし努めていきます。